「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フラワーショップ店長の気まぐれ日記

2011年3月12日(土)
昨日の地震(東北・関東大地震)の大きさが、ネットやテレビの情報より見えてきましたが、
建物の崩壊もさることながら、津波の影響の凄さに驚くばかりです。
胸の痛くなる映像ですね。

地震発生時には私も会社(11Fフロアー)で仕事をしていましたが、
突然の揺れを感じ、あわてて机の下に隠れました。
机の両サイドにあるワゴンに挟まれないように手や足で押さえ、ビルが崩落しない事を
祈りながら、すごい揺れを耐え忍びました。

揺れがおさまり辺りの状況を見てみると、壁際のキャビネットが倒れ、
机の上にあったハードディスクやディスプレイ、コップ、書籍なども倒れ、
それが床まで散乱していました。

まだ余震もありましたが、すぐに課長に許可をもらい
ノンちゃんの様子を見に一時的に帰らせていただきました。

ワゴンの上にあるノンちゃんのケージが倒れていないかすごく心配でした。
心臓が痛くなるくらい急いで帰宅しました。
11Fの階段もいっきに駆け上がりました。
玄関を開けると2Mほどの鏡やインテリアスタンドが倒れていました。
それをどかしながら靴のまま中に入り、リビングにいるノンちゃんの様子を確認しましたが、
ケージは無事ワゴンの上にありました。
棚に飾ってあったガラス製品や食器類が割れて床に散乱していましたが、
ノンちゃんは元気そうでした。
とりあえず余震もあるのでケージを問題なさそうな床に下ろし、再び会社に戻りました。

会社に戻ると社員はビルの外に非難していました。
この部署には400名ほどの社員がいますが、フロアーの同僚を探し出して
余震が収まるのを一緒に待っていました。
そして回線状況が悪い中、私を含め、家族や他の拠点の方たちと連絡を取り合っている人たちが
いましたが、とりあえずみんな大丈夫そうでした。

安心すると今度は外の寒さが気になりだします。
雨も降ってきて、みんなで震えていましたが、
許可がでるまで帰宅もビル内に入ることもできませんでした。

1時間ほど待機していましたが、帰宅できる人は帰宅してもよいという許可が出たので
そのまま私はフロアーに戻ることなく帰宅させていただきました。

時間を追うごとに酷くなる被害状況のニュースに胸が痛くなりますが、
救助を待っている方たちが少しでも早く救出されることを祈るばかりです。
[PR]
by CHELL02 | 2011-03-12 12:08